整骨院ブログ

超重症患者様。

2019.10.07

ふくろう整骨院、院長の中里です。本日もブログを読んで頂きありがとうございます。

先日、患者様から美味しそうなお菓子を頂きました。

持って来ていただいたのは奥様なのですが、数週間前にご主人が首に激痛が走り会社を早退し当治療院を受診して頂きました。

正直、かなり重症で今までのお医者様でも対症療法しかないと言われているそうで、私も治療の限界があるし、どこまで改善させられるかは分かりませんがと説明した上で施術の了承を頂きましたので、とにかく必死に施術をしました。

自分の持っている全てを出し切りました。

その日の施術後はそこそこの改善で、ただやれる事は全てやりましたので今日は様子を見てもらうしかありません。

生活指導もし、その日はお帰りになられました。

その後、奥様から、ご主人が翌日から改善し仕事にも行けたと報告をうけ

「ふくろう整骨院さまさま」と手土産までもって来て頂けました。

本当に最高の瞬間です。

やはり治療家は治療ありきだと思います。

これから一人でもたくさんのお辛い症状を抱えていらっしゃる患者様の手助けが出来ればと常に知識と技術を磨き、来院をお待ちしておりますので、少しでも気になる事がございましたら、ご連絡いただけると幸いです。

ご連絡、心よりお待ちしております。

 

ふくろう整骨院 中里 伸幸

投稿者:ふくろう整骨院(fukurou-seikotsuin.com)