自律神経系疾患について

自律神経系疾患とは?

自律神経の働き

自律神経の働き

自律神経とは、「心臓が動く」「汗をかく」といった、人間の意思とは関係なく働く、体の機能をコントロールする神経です。「交感神経」と「副交感神経」という、正反対の働きをする神経が、必要に応じて入れ替わりながら優位になり、それぞれがバランスよく働くことで、体を正常に維持することができます。

しかし、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、自律神経系疾患を引き起こすことがあります。自律神経系疾患になると、「なんとなくだるい、頭痛、ぐっすり眠れない、めまい、立ちくらみ、ほてり、のぼせ、冷え性」など、さまざまな症状が現れ、イライラや不眠などの精神的な症状が出ることもあります。

自律神経の鍵は「脳幹」

体が正常なバランスを保つために、「脳幹」という器官が、自律神経に指令を出しています。脳幹には、自律神経や内分泌を制御する、視床下部や脳下垂体などが集まっていて、「生命維持装置」と呼ばれるほど大切な役割を果たしています。

自律神経系疾患の症状は多岐に渡りますが、いずれも元をたどれば「脳幹が正常に働いていないこと」に起因します。つまり、表面的な症状に対処するのではなく、脳幹にアプローチすることで、自律神経系疾患を根本的に改善することができるのです。

精神的な症状

  • いつもイライラしている
  • 不安感がある
  • ぐっすり眠れない
  • 抑うつ状態

自律神経系の症状が出る理由

姿勢

姿勢

自律神経系の症状を引き起こす最大の要因は、姿勢の悪さです。姿勢が悪いと、全身のさまざまな部位の筋肉が硬くなり、骨が本来あるべき位置からずれてしまいます。すると、脳への血液循環が悪化して、脳幹の働きが悪くなるのです。特に、首の骨の歪みは、脳への血液循環に密接に関連しています。

ストレス

ストレス

現代人は、人間関係や忙しさなど、多くのストレスにさらされる生活を送っています。人間の体内では、ストレスに対抗するホルモンが副腎から分泌されて、体を守ろうとしています。しかし、受けるストレスがより強く・より長期化すると、ホルモンの力だけではストレスに抵抗できなくなります。

自律神経系疾患の原因因子

このような原因因子に少しでも心あたりがある方は、ぜひ当院の無料相談をご利用ください。

自律神経系疾患のタイプ

気質や考え方

「何事にもまじめ」「細かいところまで気になってしまう」「完璧でないと落ち着かない」といった傾向があるタイプです。

生活リズムが一定でない

「仕事などで忙しく、就寝時間が毎日バラバラになる」など、生活のリズムが乱れがちなタイプです。

心のストレス

日常的に、緊張・不安・うつ状態を感じているタイプです。

体のストレス

夏の暑さや冬の寒さ、室内と屋外の温度差にさらされるなど、体に負荷がかかって自律神経が対応できなくなるタイプです。

当院の施術

当院の施術

当院では、自律神経系疾患を改善するアプローチとして、誰もが持っている「自然治癒力」を最大限に引き出すことを重視しております。「バイタルリアクトセラピー」と「ダブルハンドリコイルテクニック(DRT)」という2つの手法を併用して、施術を行います。

施術方法

バイタルリアクトセラピー
ダブルハンドリコイルテクニック(DRT)
ダブルハンドリコイルテクニック(DRT)

DRTを一言であらわすと「背骨の矯正」です。

背骨の中には、神経に栄養を運ぶ「脳脊髄液」が循環しています。神経に栄養がきちんと届けば、筋肉が緩み、体の正常な機能が保たれます。しかし、背骨が歪むと、脳脊髄液のスムーズな循環が妨げられて、自律神経の乱れの原因となります。そこで当院では、DRTを使い、その人が本来持つ背骨の状態を回復させています。

人間の体は、一人ひとり異なる歪みを持っています。歪みも含めた本来あるべき骨格を知っているのは、本人の脳だけです。このため、DRTでは、背骨を揺らすことで脳に正しい信号を与え、自然治癒力を高め、正しい骨格へと導きます。

3~5ヶ月継続して施術を受けることで、効果を実感していただけるケースが多いです。

施術の特徴

バイタルリアクトセラピー
ダブルハンドリコイルテクニック(DRT)
ダブルハンドリコイルテクニック(DRT)

DRTでは、「背骨をゆらゆらとやさしく揺する」など、ごく緩い刺激しか与えません。背骨の矯正と聞くと、「強い力をかけられる」「バキボキやられる」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、DRTは、施術を受ける人が痛みを感じることはない、安心・安全な施術です。

施術の効果は、検査で客観的に測定します。まず、施術前に「上部頚椎(首)・僧帽筋(背中)・下腿三頭筋(ふくらはぎ)」の3ヶ所を押します。そして、施術後にも同様の検査を行い、比較することで、施術の効果を確認します。